ことのは。

マンガとか、ことばとか、コミュニケーションとか、つれづれとか。

甥っ子。2語文話してる!イヤイヤも増えて自己主張まっさかり。

かわいい甥っ子2才になりました。

少し早く産れたので、まぁだいたい2才。

義実家に帰ったら、義弟(パパ)が連れてきました。

共働きですので、子育ても一緒に、両実家もうまく頼りながらの、良いパパです。

 

甥っ子ちゃん、ことばの発達としては1語文~2語文出てます。

 

「もも あった」「めだかさん いた」

「ないない する」「いや!(いかない)」

「これ(やる)」

 

おもしろい!たのしい!のときの、大人に向ける共感の笑顔!

めっちゃかわいい!あぁ、かわいいです(*´з`)

 

自己主張も出てきました。

「じぶんで(やる)」

と、自分でスプーンを持ってご飯を食べようとしたりします。

 

が、大人もなんでも受けいれるわけにはいかないので、制する場面もあるのですが、そういうとき、しれっとその場を離れて、パパ以外の人に八つ当たりするんです。

かわいい「ぺち」。

おばちゃんは、全然痛くないので、軽くスルーしてるんですけども、パパは許せないらしく、「ごめんなさい」を言わせようとします。

そういうの時って、たいがい絶対言わないし(=_=)、ぐにゃぐにゃ星人になって、しまいには、よくわからず泣いてしまいます。

 

かんしゃく起こすのなら、軽く気をそらせるんだと思うのですが、叩くという行為が許せないらしいです。パパは「人を叩く子になってほしくない」という思いが強いので・・・。

おばちゃんも、謝る練習にひとまず付き合うのですが、心の声・・・

 

  • まだ言わせなくていいんだけどなぁ。
  • もう少しわかってきたら、教えるでもいいけどなぁ。
  • 今は切り替えできたことを褒めたいなぁ。
  • 何が良いことかを教えてあげたい

 

と、おばちゃんは思うのだけども、子どものいない義姉の立場はなかなか難しいですねぇ・・・。

 

仕事だったら、余裕で伝えるんだけどなぁ。

 

一方で、ある程度のスピードの発達をしている子は、周囲の大人が多少高いことを求めるがゆえに、次々と学んでいくんだろうなぁとも思ったりしていました。

 

私が会っていたのは、ゆっくりさんばかりでしたので。