ことのは。

マンガとか、ことばとか、コミュニケーションとか、つれづれとか。

月曜から夜更かし フェフ姉さんのその後。

フェフ姉さんのその後を拝聴しました。

もうフェフ姉さん登場3回目!

 

  

なんとモデルプレスで、フェフ姉さんがトピックに。

mdpr.jp

 

番組の基本的な流れは変わっていない。

 

番組の構成としては、フェフ姉さんが間違えやすい言葉をあえて言わせてみたり、間違った言葉を字幕で強調って感じかな・・・。

そして、笑いが起こる・・・・。

 

あ、でも

今回は、フェフ姉さんの人柄や趣味、お仕事についてとか、前回の放送後のツイッターのフォロー数の増加とか、「フェフ姉さんの人となり」が出ていました。

多田さんとの信頼関係みたいのとかね。

二人とも、口は悪いけど、お互いのことよくわかってて仲がいい。

 

フェフ姉さん 気になったこと

 

・めっちゃ偏食(;'∀')

 給食では白米を全く食べなかったとか。から揚げ、漬物と合わせるのは嫌い。カレーは大丈夫みたい。


・走り方の不思議

 多田さん曰く「私的には、走る方が気になる」と。フェフ姉さん公園で激走。すると、なぜか頸が左回旋。本人も笑っちゃう。最後結構大きく転んだけど、大丈夫かな。


・独特の画才!

 ステキ。デザイン学校にも通っていたとか。


・ぶれない。

 なんだろう?一回何かを超えている感じの、物の視方。

 

結果的に改善したのか。

あぁ、今回の専門家は、やっぱりボーカルトレーナーさん。

この方が、もしかしたらSTを持ってたり?とか思ったのですが、そんなことはないみたいでした(-_-メ)

サイトを見てみたのですが、カラオケや話し方トレーニング所。

舌のトレーニングや発声が中心みたいです。

 

割りばしを水平に噛んで、発声練習をするとか。

筋トレグッズも売ってた。最近引きこもりの私にこそ必要かも。

 

結果的に、少し良くなったみたいだから、やっぱり舌運動だったのかな。

 

フェフ姉さんだから乗り越えられたのではないか

やっぱり、これまでの人生で指摘されてきたんだと思います。

今も、仕事で接客業をしているときのお客さんからや、道で「●●って言って!」と言われたりするけど「言わない」「だってあれは、(番組の)流れがあってこそ面白いんだよ」「テロップありき」「微笑んでいる」って言ってた。

 

すごいな(*_*;

 

ぶれない!

フェフ姉さん、番組の中でも、スタッフに聞き返されながら笑われたり(スタッフの笑いが結構イラつく)、自分が言いたいことと違う言葉に言い替えたりして伝えようとしてくれます。

 

彼女の家庭環境とかはわかりませんけども、彼女の強さの背景に何があったのかなって。どういう風に気持ちをコントロールしたり、どういう考えで毎日を過ごしているんだろうなぁって思います。

 

自分を大事にしている、淡々と大事に日々を過ごしているってすごいな、と。

たった20分弱じゃ、確かにもったいない人だよ、あの人。

 

マツコのコメント

「滑舌(のこと)がなくても、あの子らは何かあるよ」

「媚びへつらうわけでもなく、我が道を淡々と」

 

滑舌は、たまたまテレビで取り上げられたけど、それ以外でも、彼女たちが持っている個性というか能力はすごいってことを言ってたと思う。

 

番組の影響で今頑張っている子・困っている子が笑われませんように。

 

自分の記事からの引用で申し訳ないのですが、前回と気持ちが変わっていないので。。。もう一回繰り返してしまいます。

 

st-study.hatenadiary.jp

 

 この番組は楽しいんだけど、いわゆる一般的な分布より外れた「ちょっと変わった人」を笑いに変えてしまう。それは、人の欠点だったり、今回みたいに、もしかしたら、自分ではどうしようもない部分だったりする。基本的には前向きに生きている人を取り上げるので面白いんだけど、同じような感じで過ごしていて後ろ向きに過ごしてしまう人が、実は笑われているのではないか、と懸念している。メディアはそういう力を持っているから。

 

 

滑舌(構音)ではありませんが話し方を苦にして亡くなった方がいます。

口元を見られたくないって言う人もいます。

人と会いたくないって人もいます。

電話が恐いっていう人も。

お薬を飲んでいる人だっている。

 

皆がフェフ姉さんみたいに、笑って自分の道を歩ければいいけど、そうもいかないからね。

皆に多田さんみたいに、滑舌のことを話せて、笑って、わかってくれる仲間がいるわけでもない。

 

笑うだけじゃなくて、1人でも「その人」を応援してくれる人が、周りにいたら違うんだろうな。家族がいいのか、友達がいいのか、先生がいいのか、それはわからないんだけど。

 

今でも、言語聴覚士(ST)が全く出なかったのは残念。

滑舌は、皆がボーカルトレーナーさんのところで治るわけではないということだけは、最後に書いておきたい。

 

でも、ボーカルトレーナーさんって、やっぱり「声」を極めておられてすごいなと思います。

 

 

おしまい。